庄内交通

湯田川・坂の下・越沢線

観光地の停留所

路線バス「湯田川・坂の下・越沢線」沿線の主な観光地と最寄り停留所のご案内です。
※路線図内の観光地名をクリックすると、詳細情報に移動します。

湯田川・坂の下・越沢線 路線図 湯田川温泉 足湯しらさぎの湯 正面の湯 梅林公園

時刻表と経路

湯田川・越沢・坂の下方面行き(3月31日まで)
(こころの医療センター) エスモール・鶴岡駅前 湯田川温泉 坂の下 越沢
  • 時刻表
湯田川・越沢・坂の下方面行き(4月1日~)
(こころの医療センター)・(中央高校) エスモールバスターミナル・鶴岡駅前 湯田川温泉 坂の下 越沢 関川
  • 時刻表

沿線の観光地

提供:鶴岡市観光連盟

路線バス「湯田川・坂の下・越沢線」で行ける主な観光スポットです。

湯田川温泉

ゆたがわおんせん

「鶴岡の奥座敷」情緒豊かな名湯

国民保養温泉地に指定されている湯田川温泉は、古くから「鶴岡の奥座敷」と呼ばれ、竹林と梅林に囲まれた旅館が建ち並ぶ閑静な温泉郷。鶴岡の市街地からもほど近く、県内外から多くの観光客や湯治客が訪れています。近くには300本あまりの梅を有する梅林公園や、幕末の志士新徴組の墓所、映画「たそがれ清兵衛」のロケ地でもある由豆佐売神社などの散策地があります。旬の季節には、毎年「孟宗まつり」が開催され、名物孟宗汁、孟宗竹で地酒を燗したカッポ酒の味は格別です。

名称:
湯田川温泉
所在地:
鶴岡市湯田川温泉(地図
電話:
0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)
駐車場:
100台
URL:
http://www.yutagawaonsen.com/
泉質:
ナトリウム、カルシウム・硫酸塩温泉
効能:
脳神経病、眼病、婦人病、便秘、痛風など

最寄りのバス停

湯田川温泉(鶴岡駅より約30分)
すぐ

鶴岡駅前からの運賃

520円

湯田川温泉 足湯「しらさぎの湯」

ゆたがわおんせん あしゆ しらさぎのゆ

散策しながら気軽に楽しめる足湯

共同浴場「正面湯」の向かい側に設置されている足湯スペース。気軽に湯田川温泉の良質の湯と温泉風情を楽しめます。

名称:
湯田川温泉 足湯 「しらさぎの湯」
所在地:
共同浴場「正面の湯」向かい(地図
電話:
0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)
休み:
冬期間(12月~3月中旬頃)は利用不可
URL:
http://www.yutagawaonsen.com/

最寄りのバス停

湯田川温泉(鶴岡駅より約30分)
すぐ

鶴岡駅前からの運賃

520円

湯田川温泉 正面の湯

ゆたがわおんせん しょうめんのゆ

温泉街情緒たっぷりの共同浴場

県内はもとより、全国的に見ても屈指の新湯注入率を誇る「天然かけ流し」温泉。加水・加温・循環を全くしていない極めて純粋な天然温泉です。

  • ご宿泊の方は、お泊まりの旅館で鍵を借りてください。
  • 共同浴場のみご利用の方は、商店(船見商店・大井商店)にて入湯料をお支払の上、ドアを開けてもらってください。
名称:
湯田川温泉 正面の湯
所在地:
湯田川温泉「つかさや旅館」隣(地図
電話:
0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)
時間:
午前8時~9時/午前11時~午後7時
休み:
年中無休
料金:
200円
駐車場:
100台
URL:
http://www.yutagawaonsen.com/

最寄りのバス停

湯田川温泉(鶴岡駅より約30分)
すぐ

鶴岡駅前からの運賃

520円

湯田川温泉 梅林公園

ゆたがわおんせん ばいりんこうえん

竹林を背に梅を中心に様々な花が咲き誇る

湯田川温泉 春の名物といえば「梅」と「孟宗竹」。温泉街を見下ろすように名勝・金峯山の山懐に、約300本の紅梅・白梅が咲き乱れます。3月下旬~5月上旬、見ごろの土日には梅まつりが開催され、野立てなども行われます。梅のほかに、ぼたん、つつじ、さつき、あやめ、水仙なども楽しめる竹林に囲まれた風光明媚な公園です。

名称:
湯田川温泉 梅林公園
所在地:
鶴岡市湯田川(地図
電話:
0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)
料金:
無料
駐車場:
100台
URL:
http://www.yutagawaonsen.com/

最寄りのバス停

湯田川温泉(鶴岡駅より約30分)
すぐ

鶴岡駅前からの運賃

520円