大日坊
だいにちぼう
大同2年弘法大師の開基です。金剛界大日如来や真如海上人の即身仏(ミイラ仏)等が安置されています。昨今徐々に信仰が盛り上がり毎日多くの拝観者が訪れています。

注連寺
ちゅうれんじ
作家森敦は、ここ注連寺でひと冬を過ごし、その体験を元に小説「月山」が綴られました。庄内には六体の即身仏が現存し、そのうち多くの伝説を持つ「鉄門海上人」の即身仏が祭られています。

多層民家
たそうみんか
三層構造の多層民家の里「田麦俣」。
豪雪地帯の風土に耐えるように設計された3階建ての茅葺き3階建て、兜造りの多層民家・旧遠藤家を見学できます。


月山あさひ博物村
がっさんあさひはくぶつむら
アマゾン民族資料館を集めた「アマゾン自然館」、朝日村に関る文学、芸術を集結した「文化創造館」、月山ワインや山ぶどう酒を展示販売している「ワイン究所」。地元産蕎麦を使った蕎麦処「大
梵字」、ワイン&レストラン「トンネルピット」があります。